menu
  • HOME > 
  • 会社情報

会社情報会社情報

新しいサンデーの創造を実現し新たな成長軌道へ 川村 暢朗

地域の皆さまとともに歩む

地域の皆さまとともに歩む

サンデーは、「お客さまを原点に、平和を追求し続け、人間を尊重し、地域社会に貢献する」というイオン各社共通の基本理念と行動指針である「イオン行動規範宣言」、そして「Save Money Good LiFe」(節約による豊かな暮らしの実現)というスローガンのもと、住生活関連を主体とした生活必需品やアグリ、園芸、DIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)などホームセンターらしい商品の販売と各種サービスを通じ「あなたの街のホームセンター」として地域のお役に立てる企業を目指しております。また、お客さま、お取引先さま、株主さま、働く仲間である従業員などすべてのステークホルダーの期待にお応えできるよう、企業価値の向上に努めるとともに、企業の永続的な発展を目指しております。

中長期経営視点

サンデーは東北を主要基盤に生活必需品全般を扱うホームセンター事業を展開しておりますが、イオングループとのシナジー効果を発揮し、環境変化に対応しお客さま満足を追及する企業を目指してまいります。そのために、今後も続くと思われる業種・業態を越えた出店競争や価格競争の激化、お客さまの節約・低価格志向、少子高齢化に伴う人口減少など、一層厳しさを増す経営環境の変化へ迅速に対応し、新しいホームセンターづくりに向けた基盤を創り上げる期間と位置づけ、新たな価値創造による顧客創造を目指し、さらなる成長を図ってまいります。また、当社グループは被災地の復興支援を継続するとともに、成長戦略の実現に向け(1)新規出店によるドミナントエリア形成、(2)新しいお客さまを呼び込む新カテゴリーの導入、(3)ホームセンターらしいオリジナル商品創出などによる新しいニーズへの対応と、それを支える(4)スペシャリストとしてのチェーンストアマンを育成するとともに、ローコスト経営を推し進め、収益力向上と集客力のアップを図ってまいります。そして、これらの取り組みを実行するため、「商品経営、全員参加経営、積極経営、人財経営」を経営の柱として掲げ、ガバナンス機能を高めつつ、持続的成長性と安定した収益性を確保できる経営基盤を構築してまいります。

「新しいサンデーの創造」の実現

2014年は新中期3ヵ年計画をスタートの年であり、「新しいサンデーの創造」実現に向けた重要な年度であります。サンデーは成長戦略実現に向け、専門性と利便性を高め、お客さまニーズの変化に対応するとともに、品揃えの拡充とお客さまにご満足いただける価格ならびにサービスの実現に努めてまいります。

まず営業面では、東北の農業エリアを中心に小型新業態店舗「ホームマート」出店を加速させ、今後の成長の柱として育ててまいります。既存店では、ホームセンターらしい品揃えの充実と新しいカテゴリーおよびサービスを導入した、新しいホームセンターの構築を目指した活性化を実施いたします。一方、「マイカード」「法人カード」「アグリッシュカード」のホルダー獲得に引き続き取り組むとともに、当社ならではのオリジナル商品の開発推進、アグリやDIY等ディスティネーション売場の強化、ホームファッション改革、リフォーム強化、そして、これらを支える人材の育成を進めます。一方(株)ジョイにおいては、店舗の活性化、管理部門の機能統合による効率化ならびに従業員のスキルアップを進め、収益性の向上を目指してまいります。

サービス面では、イオングループの電子マネー「WAON」、クレジットカード「イオンサンデーカード」取り扱いにより、お客さまの利便性を高めてまいります。また「ネット・モバイル通販」の深化、シニアのお客さまのニーズにお応えする「リフォーム」「配達サービス」「DIY教室開催」等を通じ、新しい需要を創造します。

利益面では、コスト削減と在庫効率改善、働き方の見直しによる人的効率向上等によりローコスト経営を継続し、収益力アップを図ってまいります。

当社グループは持続的な成長を確かなものとするべく、地域に根ざした商売に徹し、お客さまに支持される店づくりを目指してまいります。

企業価値の向上をめざして

サンデーは、お客さまに安全・安心な店舗・商品・サービスのご提供を通じて地域の豊かな暮らしと地球環境保全の両立を目指しております。環境・社会貢献活動の取り組みとして、従業員が参加する清掃活動等のボランティア活動を進めております。植樹活動では、青森県八戸市南郷区の「イオンの森」での植樹が4回目を迎え、従業員はもとより、地域の方々にも参加いただき、のべ3,600本の苗木を植樹いたしました。

レジ袋削減運動では、買物袋持参率が93%と多くのお客さまのご協力をいただいております。なお有料販売レジ袋の収益金については、親会社であるイオン(株)を通じ、「イオンの森」の整備を進める青森県と宮城県へ寄贈をさせていただきました。

社会貢献活動では、毎月11日のクリーン&グリーン活動、植樹活動、各種募金活動、環境省が呼びかけるCO2削減「ライトダウンキャンペーン」に取り組んでおります。また、お客さまに安全・安心にお買い物していただくため、東北のホームセンターで初めて「AED(自動体外式除細動器)」を㈱サンデーのホームセンターとホームマート計50店舗に設置するとともに、普通救命講習会を定期的に開催し、従業員の救命技術向上に努めております。行政との取り組みにつきましては、被災された方々のライフライン確保などを目的に、店舗所在地域を中心に地方自治体と「災害時における物資等の供給に関する協定」を締結しております。また、青森県警と「高齢者の事故防止等を目的とした交通安全活動に関する協定」を締結し、高齢者の運転免許自主返納推進の支援の一環として「運転免許自主返納者への配達料金無料券ご提供」や、交通事故防止対策として「反射材」普及活動を実施しております。

会社概要

社名
株式会社サンデー
代表者
川村 暢朗
本社所在地
〒039-1166 青森県八戸市根城六丁目22番10号【地図はこちら
設立
1975年5月
資本金
32億4,189万円(2016年2月期)
売上高
423億円(2016年2月期)
事業内容
DIY用品(日曜大工用品)を中心に、住まい、暮らし、余暇関連の生活用品を販売するホームセンターチェーン
従業員数
585名(2016年2月末現在)
※上記従業員のほか、コミュニティ社員等の臨時従業員の期中平均雇用人員は1,380名(1日8時間換算)であります。
取引銀行
青森銀行、みちのく銀行、みずほ銀行、岩手銀行、北日本銀行、秋田銀行、商工中金、七十七銀行、東邦銀行

サンデーシンボルマークについて

サンデーシンボルマークについて

シンボルマークには、経営理念が表現されています。四角の図形は地域社会の住まいと暮らしを象徴化したものです。そして、その中に描かれている3本の曲線はサンデーの「S」と昇る太陽をモチーフにデザインしたものです。それは、お客様、お取引先、社員相互の信頼関係と快適で楽しい商品とサービスを提供していく企業姿勢を表しています。

ブルーはホームインプルーブメント、レッドはホームファニシング、グリーンはホームエンジョイメント、イエローはホームサービスを意味し、ライフインプルーブメント・ストアとしてのサービスと商品を表現しています。

サンデーCMソング楽譜

楽譜をダウンロードする